簡単ホームページ作成・ネットショップ開業ならサイトディレクター。無料お試しサービス実施中! 2012年度「IIJ GIOパートナーアワード総合部門」を受賞!

簡単ホームページ作成・ネットショップ開業はサイトディレクター

    サイトディレクター公式twitter サイトディレクターブログ

    Google+ Facebook
     はこちら!

    Google+ページ フェイスブック

    サイトディレクターブログ

    発送の基本設定と配送会社

    発送の基本設定と配送会社

    こんにちワ
    サイトディレクターの「あい」です


    本日は、「発送の基本設定と配送会社」についてご案内いたします。


    ネットショップ運営では、商品の配送も業務の1つです。
    本システムでも「ショップ管理」の中の「配送設定」で細かな設定が可能となっています。
    そこで、配送のポイントについて解説する前に、本システムでの基本設定について紹介していきましょう。


     

    ポイント
     



    【1】 料金設定の基本システム

    本システムでの基本設定は、「ヤマト運輸」「佐川急便」「日本郵便」「クロネコメール便」「西濃運輸」のいずれかを配送会社として指定することができます。

    基本的には、配送業者の定めた料金で発送しますが、「送料無料」「全国一律配送料金の設定」「商品合計による割引設定」なども「標準送料の設定」の機能に含まれます。

    「商品合計による割引設定」は、お客様へのサービスの基本として設定しておくとよいでしょう。

    一般的な発送料よりも「メール便」を好むお客様も商品によっては多くいます。

                                              メール便とは?

    A4サイズで厚さ2cmまでなら全国一律送料160円で発送可能です。ただし、厚み2cmというと、1円玉の直径程度というサイズです。
    取り扱う商品によっては、お客様に喜ばれるので採用するとよいでしよう。


     

    繁忙期には、非常に助かる「混在時送料の設定」という機能もあります。食品関連のネットショップでは迷ってしまいそうなクール便と通常便、もしくはメール便で発送する商品が混在した場合、どのように梱包し送料を計算するかを指定できます。 
                                                   
                                              例えば

    クール便の「冷蔵」指定のものは、「冷凍」のものに混在すると品質が保てないので、分けて送る必要があるでしょう。また、乾物なら「冷蔵」指定のものと混在しても影響はないかもしれません。
    ネットショップの商品に合わせた設定が必要です。


     

    一般的には、お客様の送料負担を軽減させるために、クール便との混在設定が多いですが、中にはそれを嫌うお客様もいますので、注意書きなどを用意しておくことも手です。

    このほか、個別発送や商品の料金が異なる商品が混在した場合の設定もできるようになっています。




    最後にお客様が喜び、ネットショップ運営者の売上がアップする設定もあります。
    それが、「あと何円で送料無料になる案内文の設定」です。

    無料にする金額を設定し、「送料無料までの差額の案内文」を入力するだけで、お客様がショッピング中に「あと1,000円で送料無料」などの金額とともに案内文が表示されるのです。

    「あと1,000円で送料が無料になるのなら……」と、お客様の財布のヒモも緩むはずです。この設定もお客様のサービス、売上アップを狙って設定するとよいでしょう。

                                               ここがポイント



    次回は、「配送会社各社のサービスと活用術」をマスターしていきましょう。
    これからも宜しくお願いいたします

     

     

    2013-02-20 15:34:36

    お客様のチェック度が高い発送と送料の考え方   |  コメント(0)

     

    コメント

    お名前
    URL
    コメント