簡単ホームページ作成・ネットショップ開業ならサイトディレクター。無料お試しサービス実施中! 2012年度「IIJ GIOパートナーアワード総合部門」を受賞!

簡単ホームページ作成・ネットショップ開業はサイトディレクター

    サイトディレクター公式twitter サイトディレクターブログ

    Google+ Facebook
     はこちら!

    Google+ページ フェイスブック

    サイトディレクターブログ

    TOPページ»  ブログ記事一覧»  売上アップも期待! 商品分類法の基本»  カテゴリとバリエーションをきちんと分類(2)

    カテゴリとバリエーションをきちんと分類(2)

    カテゴリとバリエーションをきちんと分類(2)

    サイトディレクターあい こんにちは。サイトディレクターの「あい」です
    本日も引き続き『カテゴリとバリエーションをきちんと分類』についてご案内いたします


    (2)サイトディレクターでのカテゴリ分けの考え方とポイント

    本システムでは、商品カテゴリを大・中・小の3つの層に分けて登録と編集が行え、並び替えなども簡単です。
    作業は「商品管理」「カテゴリ」画面で行います。
    ここでは、ユーザビリティを含めて重要な機能を説明します。

     

    「商品管理」の「カテゴリ」画面

    ■SEO対策として重要な機能
    「カテゴリページタイトル」は、任意でカテゴリページのタイトルを入力する機能です。
    商品ページのタイトルと同じく、SEO対策を施します。
    カテゴリ名に説明文をプラスしてタイトルを書いていきましょう。

    【例】
    カテゴリ名=レディースファッション
    カテゴリページタイトル=フランス、イタリアからの直輸入。季節限定品が多数そろうレディースファッション


    同じく、「キーワード(メタタグ)」「ディスクリプション(メタタグ)」もカテゴリ一覧のページに関するキーワードと説明文を書いておくことでSEO対策となります。
     

    ■まとめ買い機能の案内文
    ユーザビリティを高めるためには、「まとめ買い機能」を設定することも有効です。
    さらに、お客様にまとめ買いを促すような文章を書き込んで、まとめ買いを促進しましょう。

    ■カテゴリ専用ヘッダー&フッター
    「カテゴリ専用ヘッダー」には、カテゴリ一覧ページが表示された際にページ上部に表示する内容を入力します。
    カテゴリの説明をキーワードを盛り込みながら書いていきましょう。
    前述したSEO対策になるだけでなく、ランディングページ最適化(LPO)にもなります。
    「カテゴリ専用フッター」は、カテゴリ一覧ページのページ下部に表示される内容です。こちらもキーワードを盛り込みながら、カテゴリの補足説明をしていきましょう。

    <ポイント>
    カテゴリ分けはユーザビリティの要。お客様に分かりやすい商品分類をしましょう!

    「ランディングページ最適化(LPO)」とは?
    ランディングページ最適化(LPO)は、「Landing Page Optimization」の略で、検索エンジンでの検索結果でアクセスしてきたお客様に検索キーワードに合った内容のページを制作し、表示することをいいます。
    LPOを施しておくことで、お客様のクリック頻度を極力少なくして、欲しい商品情報をすぐに見つけ出させることができるのです。
    いわばユーザビリティ向上の一環で、商品購買などの購買率向上が期待できるのです。


    次回は、「購買意欲がさらにそそられるパリエーション機能」をご紹介していきます。
    それではまたお会いしましょう

     

    2012-06-21 13:08:06

    売上アップも期待! 商品分類法の基本   |  コメント(0)

     

    コメント

    お名前
    URL
    コメント