簡単ホームページ作成・ネットショップ開業ならサイトディレクター。無料お試しサービス実施中! 2012年度「IIJ GIOパートナーアワード総合部門」を受賞!

簡単ホームページ作成・ネットショップ開業はサイトディレクター

    サイトディレクター公式twitter サイトディレクターブログ

    Google+ Facebook
     はこちら!

    Google+ページ フェイスブック

    サイトディレクターブログ

    TOPページ»  ブログ記事一覧»  リピーター確保のためのポイント活用

    リピーター確保のためのポイント活用

    • 件 (全件)
    • 1

    ポイント活用販促と重要事項

    サイトディレクターあい

    こんにちは
    サイトディレクターの「あい」です

    本日は、「ポイント活用販促と重要事項」についてご案内いたします。


    ポイントを付与し、お客様がある程度のポイントを確保すると、「同じ商品なら、あのお店で買いたい」という心理になります。ポイントを活用した販売促進の考え方と重要事項を説明していきましょう。

    ポイント



    【1】ポイント付与方法の考え方

    本システムでは、「ポイント運用設定」で各種ポイントの付与率を設定できます。

    例えば、現金振込の場合に10パーセントのポイント付与率と設定したら、クレジットカードは手数料が取られてしまうので7%にするなど、決済方法に要する手数料を鑑みてポイント付与率を決めていきます。

    また、処分をしたい商品は、キャンペーンセールとして割引することに加えて、ポイント付与率をアップするなどの戦略も効果的でしょう。

    お客様は、ある程度のポイントがあると、心理的にそのネットショップで購入しようと考えるものです。広告費を支払ったと考えて、新規会員へのポイント付与、初回購入時のポイント付与を高めに設定しておくことで、お客様の囲い込みとリピーターを確保することができるのです。

    「平均的なポイントの付与率は?」
    ・すべての商品に10パーセントも付与することは少なく、5、3、1パーセント程度が平均です。
    ・価格によって、ポイント付与率を変更するネットショップもあります。付与し過ぎても損をするので、付与率は「原価」と「利益」から考えるしかありません。



    さらに、ポイントの有効期限も検討しましょう。本システムでは最大24カ月まで有効にすることができます。有効期限はお客様の平均的なリピート頻度によって考えるとよいでしょう。

    【短期間でのリピート頻度が高い商品を扱う場合】
    有効期限を短めに設定。「あと少しでポイントが失効してしまうから、この機会にもう少しお買い物をしてポイントを貯めてしまおう」というお客様の心理を上手に活用します。

    【リピートまでの期間が比較的空く商品を扱う場合】
    有効期限を長めに設定しましょう。

    ここがポイント


    【2】知っておきたいポイント処理の税務重要事項

    ポイントは一種の金銭的な要素を持っています。実際にポイントを付与したネットショップでは、会計処理もしなければならないのです。なぜなら、付与したポイントで割引や商品を無料でお客様にお送りしなければいけないからです。

    会計処理では、勘定科目の「引当金」がポイントの処理に該当します。

    引当金とは、今現在は確定していないけれども、将来的に発生する支出や損失のことです。
    例えば、50万円の売上はあったけれども、ポイントを10パーセント付与した場合、「引当金が5万円」という計算で帳簿上の処理を行います。

    ここがポイント



                             プラスα情報横罫線
     ネットショップ運営者の必需品であるパソコンを量販店などで購入。ポイントが付与されますが、これは引当金のように将来生ずる損失ではなく、逆にネットショップの収入となります。
     例えば、事業所用にパソコン2台を購入して、ポイントが2万円付与された場合、会計的にはポイントも収入として計上しなくてはいけません。
     これは雑収入もしくは購入割戻益の勘定科目で仕分けします。額が少なければ雑収入、高ければ購入割戻益となります。
     2万円という額は大きいと考えられるので、購入割戻益で仕分けをして、ポイントでネットショップ事業所用に物品を購入したら、仕入割戻で処理をします。
    横罫線


    次回は、「お客様の声で信頼度をアップさせるコツ」についてご紹介していきます。
    これからも宜しくお願いいたします


    2013-10-21 14:59:06

    コメント(0)

    ポイント機能の基本的な考え方を学ぼう

    サイトディレクターあい

    こんにちは
    サイトディレクターの「あい」です

    本日は、「ポイント機能から基本的な考え方」についてご案内いたします。



    お客様にご購入いただいた額に応じて付与するポイント。これは、ネットショップにとっては将来的な支出となってしまいますが、お客様へのサービス、そして何よりもリピーター確保の手段、顧客囲い込み策として有益な手法です。システムを上手に活用して、リピーターを確保しましょう。
     

    ポイント



    【1】 決済方法でポイントの付与率を管理

    ポイント管理の機能には、「ポイント運用設定」「ポイント承認」の2つの機能があります。まずはポイント機能を活用する際に、初期設定となる「ポイント運用設定」のポイント付与率の考え方を解説していきましょう。

    別章でご説明したとおり、本システムでの決済方法は、様々な種類があります。決済方法によっては、手数料が必要になるので、お客様の利便性や自社ネットショップの利益等を考えて、決済方法を決めます。

    同じ定価のものでも、決済方法によっては利益に差額が生じ、それに加えて、ポイントも同率付与するというのもネットショップ運営上厳しい面もあります。そのような場合、決済方法によって、ポイントの付与率を変えていくというのも一つの手法です。

     

    例えば



    大手家電量販店などでも、クレジットカードを利用すると、ポイント付与率が異なるケースが見受けられますので、決済方法によってポイント付与率が異なっても、お客様も納得してくれるはずです。

    本システムでは、すべての決済方法について、決済ごとのポイント付与率、そして新規会員や初回購入時のサービスとしてのポイント付与など、ポイント付与ルールを設定することができます。

    「お客様の声」を寄せていただいた場合のポイント付与も可能です。いわば、様々なポイントを付与するイベント設定ができるのです。また、商品ごとにポイント付与率を変更することも商品編集画面で可能です。

    ポイント


    【2】 購入後の「ポイント承認」での処置

    ポイント管理の「ポイント承認」では、商品を購入し、ポイントを付与するお客様の一覧が表示されます。

    「ポイント運用設定」で、商品購入時のポイント付与方法を「全て手動で付与する」の選択をしていた場合は、「ポイント承認」画面で、ポイントを付与する作業が必要となります。

    「ポイント運用設定」画面で「注文確定時に全て自動で付与する」「出荷入力時に全て自動で付与する」を選択すると、自動的にポイントが付与されるようになります。

    1回ごとにポイント承認の処理を手動で行うよりも自動化されて便利です。

     

    ポイント



    次回は、「ポイント活用販促と重要事項」についてご紹介していきます。
    これからも宜しくお願いいたします


    2013-09-21 17:23:56

    コメント(0)

    • 件 (全件)
    • 1